フェイスアップウェディングベールのお話です。
One-tier Cathedral Wedding Veil With Applique Edge

ウェディングベールをまとった花嫁は、
日本で何となく広まっているチャペルウェディングの順番だと、

1.花嫁の父とチャペルの真ん中をゆっくりと歩き、新郎のところまで歩く
2.そのまま花嫁の父は、「お願いします」と新郎に手を渡し、
3.新郎新婦がお互いに誓いの言葉を交わし、
4.そして誓いのキスのところでやっと!新郎がウェディングベールを上げる。

という流れじゃないですか。

ベールを上げるのは新郎ではなく花嫁の父らしい

私はクリスチャンではないので詳しく知らなかったんですが、
なんと!トラディショナルなウェディングは

1.花嫁の父とチャペルの真ん中をゆっくりと歩き、新郎のところまで歩く←ここ!
2.そのまま花嫁の父は、「お願いします」と新郎に手を・・・

新郎に手を渡す前に、花嫁の父がウェディングベールを上げるそうで。

ロイヤルウェディングの記憶がやや新しい
イギリスのキャサリンさんと王子の結婚式でも、
父親がキャサリンさんのウェディングベール挙げていますね☆


確かにベールダウンは母親がし、そして嫁に出す前に父親が顔をお披露目する。
というような内容の方がより儀式的ですね。

あと、「誓いのキス」も、本来式の儀式内に必須ではないみたいなので、
日本人は無理して入れなくてもいいじゃないかと思います(笑)

先ほどのお二人も式内ではしていないんですよね。
お祝いに駆けつけた国民に「キスしたところを見たい❤」とせがまれて
パーティー会場のバルコニーでやっとキスしたっていう流れだった記憶が。

結婚式も時代の流れでいろいろ変わりますが、
時々原点に戻らないと、ワチャワチャになりますよね。

ウェディングベールを作る・買う・借りる?

数年前なら買うと3万円くらいが安い相場で、作る方がコスト削減!と思いましたが、
今日、これだけネット通販が広まり、中国の卸売が世界で幅を利かせている中、
これは、もう、買った方が早い…
トップ画像のモデルがつけていたウェディングベール、
One-tier Cathedral Wedding Veil With Applique Edge

3千円くらいですよ。
チュールやオーガンジーで作ればいいやと思って、手芸やさんに行くと、
透明度が高いオーガンジーって結構高いです。レースは言わずもがな。
ベールなのでメートル数もかさみますし、気に入ったものを探して買う方が早く済みそうですよ。
この下のベールなんて左が千円くらい and 右でも二千円くらいです。
(アバウトなのは為替の関係や、よくタイムセールもあり価格が変動するのでざっくり書きました)

Bride Wedding Veil for Single Edge Veil
Two Tier Fingertips Wedding Veils With Applique Edge(More Colors)

安すぎて警戒しますよね。私もです。
でも、なぜ大企業が中国に進出していたか(過去形(笑)
儲からなきゃ商売じゃないからですね。安すぎると警戒する日本人に付け込まれた感…

海外ブランドセール
オーガニックの出産祝い【Haruulala】
ギフトボックスもかわいい♪
カーテン・ラグ cucan
お洒落なインテリアカーテン・ラグが豊富
京都・清水焼の職人が手掛ける食器